塗装の豆知識塗装の豆知識

あなたのお家、こんな現象が起こっていませんか?

  • 壁にヒビが入っている
  • 壁と壁の継ぎ目部分がボロボロになっている
  • あきらかに塗装が剥がれているような箇所がある
  • 屋根がボロボロになっている
  • 壁を触ると手が真っ白になる

これらは、お家からの危険サインかもしれません!

住宅の壁塗装

住宅の壁塗装

住宅の塗装は一度塗ったら永久的に大丈夫!というのが理想ですが、実際は10~15年が寿命です。特に外壁は高温多湿な日本の気候や強い日差しによる紫外線などでもっとも痛みやすい箇所です。 塗装が痛むと塗装の持つ保護能力も低下して家の耐久性や寿命を縮めてしまいます。 家は「そろそろ塗り替え時期ですよ~」というサインを出しています。
家のサインに気がついたら、出来るだけ早く塗り替えなどの対処をしてあげることで家の寿命も延びます。 後回しにすればするほど、リフォームの費用が高くなるので早めの対処をおすすめします。

  • チョーキング現象

    壁を触ると手が真っ白!なんてことはありませんか?

    これは塗膜が劣化している証拠です。

  • クラック現象

    壁にヒビが入っていませんか?

    これは塗膜のヒビから水分が入り込んで、外気温によって膨張、収縮を繰り返して壁を傷めています。

  • 塗膜の剥がれ

    あきらかに塗装が剥がれているような箇所はありませんか?

    この場所から雨水や汚れが入り込んで壁を傷めます。

  • コーキングの劣化

    壁と壁の継ぎ目部分がボロボロになっていませんか?

    やはりこの場所から雨水や汚れが入り込んで壁を傷めます。

  • 屋根の劣化

    屋根がボロボロになっていませんか?

    屋根にも寿命がありますが塗装によって耐久性を向上できます。雨漏りの原因やアスベストが屋根に使用されていた場合は深刻な健康被害が及ぶこともあります。

アスベスト屋根とは?

アスベスト屋根とは?

最近になって問題となってきたアスベスト。肺ガンや中皮種の原因になると言われているアスベストが長年にわたって使用され続けていました。 実はアスベスト を使用した屋根瓦は軽量で丈夫なため、大量に使用され、割合はなんと5軒に1軒!!
しかしながら、屋根瓦にアスベスト使用をやめたのはごく最近なんです。 このアスベストは新しく、劣化が少ない間は問題ないのですが、風雨や日差しにさらされて劣化してくると飛散し始めます。屋根を塗替えてしまえば、屋根本来の耐久性が甦りアスベストの飛散も抑えます。 屋根瓦メーカー大手がかなり流通させたので、もしかしたらあなたのお家にも使用され、劣化が始まっているかも知れません。
少しでも心配な方は、お気軽にご相談・お問い合わせください。

住宅塗装なら地元滋賀の横山塗装店へ住宅塗装なら地元滋賀の横山塗装店へ

京都府 滋賀県 滋賀県全域・京都府南部エリアご対応。京都府 滋賀県 お気軽にお問い合せください。

住宅塗装を中心に外壁や内装の塗り替え、アスベスト対策で屋根の塗装、防水工事など塗装に関することなら滋賀・大津・湖西の横山塗装店にお任せください。
30年の信頼の実績でお客様の立場に立った提案と施工をいたします。
アフターフォローも安心の体制でお客様のご依頼をお待ちしております。

会社案内

〒520-0113 滋賀県大津市坂本7丁目23-16[ アクセス ]

0120-300-637受付時間 9:00~19:00 (日曜休)

0120-300-637受付時間 9:00~19:00 (日曜休)
お問い合わせお問い合わせ